モラル&マナーUPプロジェクト始動のお知らせ

モラル&マナーUPプロジェクト

弘前駅駐輪場を管理する私たちは、自転車利用にかかるモラルとマナー向上への取り組みとして「モラル&マナーUPプロジェクト」と題して放置盗難防止活動を行います。現在の活動内容は次の通りです。

  • 自転車盗難リスク回避のためのデータ公表
  • 警察機関との連携による盗難防止、捜査協力
  • 城東口駐輪場内へHD防犯カメラ(暗視カメラ)、警告看板設置
  • 照明適正化
  • 植栽整備など場外からの内部視認性改善
  • 長期間駐輪制限など利用規約改定
  • 警備員巡回強化

自転車盗難・放置データ

城東口駐輪場 盗難・放置件数
盗難件数:速報

10件

放置件数:速報

218件

盗難件数:前年度

10件

放置自転車件数:前年度

200件

防犯体制強化

2021 城東口駐輪場強化内容

高画質防犯カメラ設置

データ記録保存

警備員巡回強化

利用者の施錠義務化

警察機関と連携運用

情報提供による注意喚起

盗難などにあわれたら

こちらの対応をお願いします
盗難かもしれない場合
  1. 自転車がないか付近を再確認
  2. 警察署、交番へ盗難届提出
  3. 対応窓口 へ連絡する
イタズラかもしれない場合
  1. 警察署、交番へ被害届提出
  2. 対応窓口 へ連絡する

対応内容

私たちの対応
盗難への対応
  1. 推定日時から記録映像を抽出します。
  2. 警察機関からの依頼により、記録映像を提供します。
  3. WEBサイトにて告知させていただき、返却を促します。
  4. 巡回警備員、放置自転車対策スタッフ間で情報共有を行い、該当車両の発見に努めます。
イタズラへの対応
  1. 推定日時から記録映像を抽出します。
  2. 警察機関からの依頼により、記録映像を提供します。
  3. WEBサイトにて告知させていただき、弁償・謝罪を促します。
  4. 巡回警備員、放置自転車対策スタッフ間で情報共有を行い、容疑者発見に努めます。
ご注意

防犯カメラ画像の記録日数は制限がございます。万一、盗難・いたずらに遭われた場合は、お早めの対応をお願いします。

データ根拠:青森県警察 生活安全企画課、弘前地区防犯協会、弘前市